オノレ・ドーミエ

絵画、リトグラフ、木版画などマルチな才能をもつドーミエ!彼の独特なテーマに注目

人物の概要

オノレ・ドーミエ(1808年2月26日~1879年2月10日)は、19世紀のフランスの画家で、彫刻家としても活躍していた風刺画家、石版画家である。

後世の画家、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、フィンセント・ファン・ゴッホなどに影響を与えた有名な人物だ。

彼は、生涯に渡って約4,000枚のリトグラフ、約1,000枚の木版画、500枚以上の絵画、約1,000枚の素描、約100の彫刻を残している。

代表的な作品

もっと詳しく!

オノレ・ドーミエは、1808年マルセイユにガラス職人の子どもとして生まれた。父親ジャン=バティストは、文学が好きな人物で詩人として生計を立てるため、1814年と1815年に家族を置いてパリに赴いている。

母親とドーミエがパリに出てきたのは1816年。暮らしは貧しく、ドーミエは少年時代から弁護士の使い走りや書店で働いていたという。

1822年、アレクサンドル・ルノワールの弟子となり、ティツィアーノやルーベンスの技法を学んでいる。そして1820年代後半には版画ルーヴル美術館で巨匠の作品を学んだ。 また、1823年頃、その当時に発明されたばかりであった最新技術であるリトグラフの技法も習得するほどであった。

19世紀前半のフランスでは、新聞や雑誌などが多数創刊され、挿絵入り新聞の需要は大きかったといわれている。当時、挿絵入り風刺新聞「ラ・カリカチュール」を創刊したシャルル・フィリポンはドーミエの才能を見抜き、1831年に採用した。

しかし、「ラ・カリカチュール」は七月王政期を代表する共和派系の新聞で、毎号に含まれる風刺版画は国王ルイ=フィリップや政治家たちをネチネチと攻撃し笑いものにしたのだ。そのため、同誌はわずか5年で廃刊を余儀なくされたという。

但し、デビュー間もないドーミエとしては、風刺画のマエストロとして地位を確立する格好の機会となったのは確かであり、この頃のドーミエの作品は、版画「トランスノナン街、1834年4月15日」が知られている。

ドーミエの作風は、女性的魅力に無関心だったため人物画も描いていなかった。しかし、フラゴナールの官能表現に魅せられ、女性のモデルを採用したのだ。彼はフラゴナールの手法を模倣しているといわれるほど強い印象を受けている。

ドーミエは油絵も描いているが、生前はほとんど公開されなかった。現在では、印象派や表現主義の絵画を先取りしていると高評価されている。

晩年は、1872年頃から眼の病気を患い、失明に至ってしまう。ヴァンモンドワにて隠居生活を送り、1879年に死去。

父親の文学趣味が影響しているのか、ドーミエの作品は文学が源になっているテーマが稀にあり、時代を突出する作品を描くこともあったようだ。彼の代表作「画家のアトリエにて」はJ・ポール・ゲティ美術館に。また、彼の作品は日本の伊丹市立美術館にも多く所蔵されている。